欧米、特にフランスの帽子アトリエでは常識!

 環境にやさしい水溶性帽子用粉糊(ゴムアラビック糊)

 

               特色  ・ 体に無害で、シンナー系の強い臭いから開放。

                     ・ 環境にやさしく、引火の危険が無い。処分に困らない。

                      ・ 仕上がり、風合いが最高で欧米ではずっと以前から使用されています。

  

   

            @  基本 帽子糊100gに対し水1リットルで混ぜ合わせる。

                                 ☆ この割合を【1】と考えます。

                                 適当な大きさのボール等の容器に、粉糊と水を入れ、5〜6時間放置する。

                                 使用前にハケ等で、泡立てないように静かに混ぜる。

                                  ※ 長期保存がきかないので作り過ぎないように注意!

                                                        

                        ―  基本の濃度  ―   

                              シゾール        【1】(そのまま)                   100g入り  糊入れ数量20〜30ケ   

                             ブンタ ール      【1】   :   3 (水)                     30g入り  糊入れ数量6〜9ケ    

                             フェルト           【1】   :   4 (水)

                                         

              A  糊入れ   夏、冬帽体ともに盛り込み前に湿らす必要は有りません。

                                 A.夏帽体

                            ☆ 表側に塗ります。

                              スポンジ等で全体にしみ込ませ、湿っているうちに(すぐに)盛り込みます。

                                 B.冬帽体

                             ☆ 裏側に塗ります。

                               1. 大きめのハケ(毛が短いのが使い易い)で全体にまんべんなくしみ込ませる。

                               2. 丸めて、うどん等をこねるようにして糊をなじませていく。(2〜3回)

                                             

                                3. ビニール袋等に入れ30分位寝かせると更に糊がなじみます。

                                4. 蒸気にかけ盛り込みます。

 

 

                    B 保存期間  

                              涼しい場所で保管して下さい。冷蔵庫に入れる必要はありません。

                               容器にフタをしないで保存して下さい。(フタをすると2〜3日で臭いがしてきます)

                     ※作り置きは約1週間前後が限度です。また、水分の蒸発による濃度の変化にご注意下さい。

                              <注意 幼児の手の届かない所に保管して下さい。 

 

                   ★ 糊浮き処理

                            帽体裏側に付くテカテカと光る様な状態のものは、蒸気を当てやさしく金ブラシ等で

                            こすれば取れるはずです。

 

 

 

トップページへ戻る